Hatena::Grouphorror

coco's bloblog


17/04/23

[] 遅れの影響は  遅れの影響は - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  遅れの影響は - coco's bloblog

朝から湿地へ。

コバノミツバツツジは満開からやや散り始め。

その先には顔見知りのじーちゃんたち。追いついてしばらく一緒に歩く。

f:id:COCO:20170423183621p:image


どちらを向いてもカナヘビが日向ぼっこしている。

f:id:COCO:20170423183619p:image


ニワハンミョウが現れた。

道教えとは言うものの、ついていったら池や沢に落ちること確実。

f:id:COCO:20170423183618p:image


ホソミイトトンボはすっかり青くなった。

f:id:COCO:20170423183620p:image


タベサナエの羽化はピークを越えたようで、水際で見られる数は少ない。

f:id:COCO:20170423183617p:image


周辺で飛んだり休んだりしている個体はいるが、例年よりも少なく感じる。

f:id:COCO:20170423183616p:image


今年初のアマガエル。

f:id:COCO:20170423183615p:image


君、去年も遭った気がするね。

f:id:COCO:20170423183614p:image


電気柵の配電設備の上ではいつも誰かが寝ている。

触っても起きないほど熟睡していたのでそっとしておいた。

f:id:COCO:20170423183613p:image


あまりまとまった数は見られないが、よくいるタイプのコハナバチ

f:id:COCO:20170423183612p:image


ツツハナバチの一種。これも数は多くないが、毎年決まった場所に発生する。

f:id:COCO:20170423183611p:image


帰って裏の花壇を覗くと、ツルガハキリバチが出ていた。

f:id:COCO:20170423183610p:image


f:id:COCO:20170423183608p:image


f:id:COCO:20170423183609p:image


ニッポンヒゲナガハナバチの♀が夕方16;00を回っても仕事中。

f:id:COCO:20170423183606p:image


今年は目に見えて数が少ない。

f:id:COCO:20170423183605p:image


山でも家の周辺でも、多くの種類が発生が遅れただけでなく個体数が少ないと感じる。夏に出てくる者らにも影響はあるのだろうか。

f:id:COCO:20170423183607p:image

17/04/16

[] やや遅れ  やや遅れ - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  やや遅れ - coco's bloblog

朝から快晴。暑いくらい。

河原を散歩すると菜の花に多くの虫が来ていたが、それでも今年はやや遅れ気味か。ヒゲナガハナバチがかなり少ないし、まだ♂しか見られない。

ニホンミツバチは見られず、今日はセイヨウミツバチのみ。

f:id:COCO:20170416165539p:image


ちょっと泣き顔っぽくて可愛いマルカメムシ。

f:id:COCO:20170416165540p:image


シジミはなぜかベニシジミばかり。

f:id:COCO:20170416165537p:image


キタテハも多い。

f:id:COCO:20170416165550p:image


照り返しで黄色いが、モンキではなくモンシロチョウ。

f:id:COCO:20170416165536p:image


タイワンタケクイマバチがやたら多い。

これは翅が見る角度によって妖しく輝く♀。

f:id:COCO:20170416165549p:image


♂は顔が黄色いのですぐに判る。

f:id:COCO:20170416165548p:image


ちょいと失礼して♂を捕まえる。

在来クマバチよりきびきびと素早いが、食事中なら簡単に捕まえられる。

f:id:COCO:20170416165547p:image


いいハチなんだけども、君は本来ここにいてはいけないのだぞ。

f:id:COCO:20170416165546p:image


一方こちらが在来のクマバチ♀。ずんぐりして飛び方も鈍重。

f:id:COCO:20170416165545p:image


♂は両の目の距離が近く頭盾が黄色い。

f:id:COCO:20170416165544p:image


これも捕まえる。さすがに大きいので体全体がパワフル。

f:id:COCO:20170416165543p:image


ぶーん。

f:id:COCO:20170416165541p:image


ぶーんぶーん。

f:id:COCO:20170416165542p:image

17/04/15

[] 雨の前に  雨の前に - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  雨の前に - coco's bloblog

午後から曇るらしいので朝少し早めに出たが、着いた途端雲が増え、雨の匂いもしてきた。今日は手早く回ることに。

年に一度、コバノミツバツツジの咲くこの時期は通りが華やかになる。

f:id:COCO:20170415185619p:image


ハルリンドウも増えてきたが、やはり今年は遅い。

f:id:COCO:20170415185614p:image


林道の日当たりのよいところにはビロウドツリアブがたくさんいる。

f:id:COCO:20170415185613p:image


f:id:COCO:20170415185612p:image


少し開けたところでは、こんなサイズのヒメハナバチが地表に巣孔を掘っている。

f:id:COCO:20170415185611p:image


周辺に咲く花で花粉を集めては戻って来る。

f:id:COCO:20170415185608p:image


f:id:COCO:20170415185607p:image


f:id:COCO:20170415185610p:image


f:id:COCO:20170415185609p:image


巣孔の周囲では寄生バエや、寄生バチが侵入するチャンスを伺っている。

これは腹の赤いヤドリコハナバチの仲間。、

f:id:COCO:20170415185605p:image


留守を狙って侵入する。

f:id:COCO:20170415185617p:image


お母さんハナバチは見張り態勢。

f:id:COCO:20170415185606p:image


周囲を警戒しつつ、また出かけてゆく。

f:id:COCO:20170415185618p:image


三月にアズマヒキガエルの交尾・産卵を撮った小さな水溜りでは、タベサナエの羽化が始まっていた。

奥の池ではまだ始まっていなかったし、やはり今年は何もかもわずかに遅れ気味。

f:id:COCO:20170415185603p:image


f:id:COCO:20170415185602p:image


f:id:COCO:20170415185601p:image


f:id:COCO:20170415185600p:image


帰りは降られてしまい、びしょ濡れに。

f:id:COCO:20170415185616p:image

17/04/09

[] 雨後の湿地  雨後の湿地 - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  雨後の湿地 - coco's bloblog

前日からの雨は朝方まで続いたが、気温は高めなので湿地散策へ。

f:id:COCO:20170409194019p:image


f:id:COCO:20170409194018p:image


コバノミツバツツジの蕾が濃く色づいている。

f:id:COCO:20170409194011p:image


日当たりのよいところから徐々に咲き始め、林道を鮮やかに染めていた。

これが咲けばギフチョウがやって来る。今日ようやく飛んだとのこと。

f:id:COCO:20170409194010p:image


しかし見られたのはキチョウのみ。

f:id:COCO:20170409194006p:image


先週と比べ花が賑やかになってきた。

この季節は一週間で様変わりする。

f:id:COCO:20170409194014p:image


f:id:COCO:20170409194013p:image


f:id:COCO:20170409194015p:image


林道の脇の切り立った斜面でヒメハナバチの一種が巣孔を掘っていた。

f:id:COCO:20170409194016p:image


まだツチスガリは現れていないので安心……

とは言えないようで、周囲には寄生バエがかなりいた。

f:id:COCO:20170409194017p:image


タンポポにはキバナヒメハナバチ。

f:id:COCO:20170409194007p:image


よく見かけるものよりもハサミが長くてかっこいいハサミムシ。

f:id:COCO:20170409194005p:image


ビロウドツリアブが交尾していた。

f:id:COCO:20170409194004p:image


アズマヒキガエルはみな孵化したようだ。

昨年よりさらに少ない印象。

f:id:COCO:20170409194008p:image


まだ若いヤマカガシがいた。

f:id:COCO:20170409194009p:image