Hatena::Grouphorror

coco's bloblog


06/12/10

[] ブツヨッカー再び  ブツヨッカー再び - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  ブツヨッカー再び - coco's bloblog

岩波さんにツッコまれた早川さんが反撃に出ました。

f:id:COCO:20061210203919g:image

とはおっしゃいますけれども、例えばこんな場面を想像してみてください。

茹だるような12歳の夏、町にカーニバルがやってきました。私は少ないお小遣いを握り締め、期待に小さな胸をどきどきさせながら友達と連れ立って出かけます。売店で買った冷たいラムネの瓶を握りながら、剣を飲み込む曲芸やらへたくそな絵の掲げられたお化け屋敷などの前を通ってゆくと、立ち止まる人もほとんどない寂れた見世物小屋があります。入り口にはこんな言葉が書かれています。

<ロストワールドより現われし世紀のモンスター!>

私はそこで立ち止まって想像を巡らせます。ロスト・ワールドと言ったってせいぜいアフリカくらいでしょ。きっとゾウやサイにおどろおどろしいメイクでも施したインチキじゃないの?下手したらゾウやサイどころか、その辺の農家にでも譲ってもらった牛かもね。

いやいや、ちょっと待って。もう子供だなんて思われたくない年頃とはいえ、私が夢にも想像できない世界がこの世にはきっとまだ多くあることでしょう。<失われた世界>が何なのかはわからないけれど、ワクワクするこの感情を無視できないのも確か。それにあの客寄せしている怪しげな格好のおじさん、見るからにうだつの上がらなさそうな人生の負け犬めいた雰囲気を纏ってはいるけれど、それも見ようによっては人の世すら超越した、名状し難いカリスマ性と見えなくもないかも。もしかしたら、本当の本物、世間に知られることなくひっそり息づく超自然の存在に、今この場所で出会えるかもしれない。

ポケットを探ると残金は800円。目の前の見世物小屋の入場料も800円。このあとチョコバナナやカキ氷も食べたいし、でっかい熊さんのぬいぐるみをゲットするため射的もやりたい。でも、ここでこの怪物を目にしておかなければ、一生の心残りとなりそう。お金でしか得られないのならお金なんて喜んで差し出しましょう。好奇心こそが人を進歩させる鍵。そしてそれこそがSFの根底にあるものだと思うのですから。例えこの後どんな貧相な生き物が出てこようと、どんな子供だましのトリックを目にすることになろうと、それは単なる結果でしかありません。私は心の声に忠実に生きます。

f:id:COCO:20061210203955g:image

ごもっとも。

[] 勝手に想われるのもいい迷惑  勝手に想われるのもいい迷惑 - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  勝手に想われるのもいい迷惑 - coco's bloblog

朝方ちょいとバイクで買い物に出たところ、とっても寒いんだけど昨日までの雨も上がって青空が広がっていたせいか突然気分が高揚してきたので、戻ってすぐに裏の川を覗きに行くことにしました。

さすがに水に入ると冷たいですが、せっかくだからとドンコの餌に小エビなどすくっていたところ、今年ずっと想い続けてきた片思いの相手に出会えてしまいました。

f:id:COCO:20061210203004j:image

カマツカさんです。今年生まれた3cmほどの個体。いわゆるスナモグリというやつですね。小さい頃はいくらでもそこらにいたので、ありがたくもなんともないただ地味な体色の変な顔した奴くらいにしか思っていませんでしたが、幼なじみが突然恋の対象になるような感じでここ最近ずっと恋焦がれていたのです。

f:id:COCO:20061210203346j:image

水槽に入れて気づいたけれど、ゴクラクハゼと体色がそっくり。そのせいかゴクラクハゼが盛んにくっついていきますが、カマさんはそしらぬ素振りでマイペースに底をほじっています。一見地味ですが、胸鰭の条やヒゲのメタリック加減がよく目立つし、頭部の微妙な赤さもチャームポイント。しかしなんといっても一番愛らしいところはその仕草。ドジョウと同じで餌を底の砂利ごと口に吸い込み、ものすごい勢いで砂利だけエラから噴き出すのです。またヒレを器用に用いてピョンピョン跳ねたりバックしたりと、ほんとに見ていて飽きない魚です。