Hatena::Grouphorror

coco's bloblog


06/12/31

[] 現在の水景  現在の水景 - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  現在の水景 - coco's bloblog

本も早川さんもまとめを書いたので、こっちも書いておきましょう。

今年から始めたスノーケリングと水中撮影。見ているだけでは飽き足らず、結局飼育もすることに。2年振りに水槽を再設置し、日本産淡水魚のみでと作ったのがこれ。

f:id:COCO:20061231234613j:image


完成していない水景を見せるのは恥ずかしいですが、記録として載せておきます。

【水槽】600×300×360(mm)

【濾過】EHEIM2213外部式フィルターとサブとしてNISSOのちっこい外部式

【照明】20W×4灯

【水温】24度

【底床】大磯砂と細かい川砂

【CO2】ADAアドバンス・システムにて2秒間に1滴ほど

【魚】 オイカワ、タイリクバラタナゴ、カワヨシノボリ、シマヨシノボリ、ゴクラクハゼ、カマツカ、ヤマトヌマエビ

【水草】ボルビティス・ヒュデロッティ、クリプトコリネ・W・グリーン、クリプトコリネ・バランサエ、オランダ・プラント、エキノドルス・テネルス、ツーテンプル、ピグミーチェーン・サジタリア、ブリクサ・ショートリーフ、マツモ、ウィローモス


底床にただでさえ立ち上がりの遅い大磯砂を使用しているのに、一ヶ月ほど前に白点病対策で唐辛子を投入したことで、濾過槽、底床のバクテリアが激減してしまい、以来コケとの戦いが続いています。ただ水草にコケがつくことはなくガラス面だけなのでまだ助かっていまして、それも現在ではバクテリアの繁殖によりかなり落ち着いてきています。

底砂のせいか、PHがよくないのか、オランダ・プラントとブリクサはいじけ気味。ただあまり立て直そうという気もないので、このまま他の草に取って代わられてもそれはそれで結構。

魚は12月初旬の気温変動の激しい時期を乗り越えてからは安定。本来の環境に併せて水温は気温に併せて下げたほうがいいのか、それとも常温維持がいいのか、確かなところは分からないので、水草の維持も考えこのまま一定温度で冬を過ごさせるつもり。

写真は載せませんが、30cm水槽2つも安定して稼動中。一方はドンコ、ウキゴリ、ゴクラクハゼ、シマドジョウという緊張感溢れるタンク。もう一方はタナゴとヨシノボリの平和なタンク。来年の春、川遊びを再開したらまた新たな魚が増えそうなので、大型水槽を設置するか、それとも庭に大きめのビオトープでも作ろうかと検討中です。

さて、来年はどんな魚に出会えるかな。


[] 留年決定  留年決定 - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  留年決定 - coco's bloblog

年の瀬にまで言われたくないことを岩波さんがつっこみました。

f:id:COCO:20061231144658g:image


オタクを卒業することってあるのかな?

この疑問はその趣味が<子供っぽい>、<人に知られたくない>というものに限られているかもしれませんが、将来もずっとこのままでいいんだろうかという漠とした不安は常に感じています。ネット上で趣味を同じくする人たちが肯定的に邁進していたり、自分よりもさらに上の年代の人たちがいささか自虐気味ではあるもののそれでも嬉々としてblogなどで熱心な主張をしているのを見るにつけ、自分の好みの界隈しか見て回っていないから肯定的なのも当たり前なのにそれがさも世間一般の風潮であるかのように「じゃあ私だって」とつい勘違いをしてしまいがち。これが積極的な発信をする側になったりするとさらに危険で、ネタだからの一言で片付けてしまいもう歯止めが効きません。ネタのためと称して今年どのくらいのエネルギーと金額を趣味につぎ込み、イタさを暴露することで快感に変えてきたか、益々増長を促すレスやブックマークに左右されることなく胸に手を当ててじっくり振り返ってみましょう。

イタタタタ・・・


今年一年早川さんたちを見てくださった、あるいはあちこちで言及、レス、ブックマーク等くださった方々、どうもありがとうございました。彼女たちがオタクを卒業してしまうとこの漫画も続かないので、彼女たちにはもう少しだけイタい姿を晒してもらうことにします。

一年間大変お世話になりました。

そして・・・

f:id:COCO:20061231144532g:image