Hatena::Grouphorror

coco's bloblog


12/08/14

[] 最近読んだもの  最近読んだもの - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  最近読んだもの - coco's bloblog

『暗黒神ダゴン』 フレッド・チャペル (創元推理文庫)

クトゥルー?ヨグ・ソトト?意味不明の言葉が連なる古い手紙。屋根裏部屋に鎖で固定された一対の手錠。片田舎の屋敷を相続した牧師リーランドが見たものは、父の死と関係があるのか?繰り返す悪夢。妻への殺意。やがて彼は、魚類を思わせる異様な容貌の娘ミナに、なぜか心魅かれていく。それが魔界への第一歩とも知らずに…。異端の詩人がラヴクラフトに捧げる恐怖の物語。


『アーカム計画』 ロバート・ブロック (創元推理文庫)

「『ピックマンのモデル』だ」蒐集家のキースが骨董屋で買った絵を見るなり、友人が言った。絵の片隈に署名がある。R・アプトン・ピックマン。ラヴクラフトの小説に登場する画家の名だ。フィクションのはずなのに現実に存在していたとは。そのころ南太平洋の一郭で、大いなるクトゥルーが蠢動を始めていた。世界に永遠の治世をもたらすために。


『クトゥルフ神話への招待 ~遊星からの物体X』 J・W・キャンベルJr.他 (扶桑社ミステリー)

人類の神のイメージとなった“旧支配者”が太古に地球を征服し、それに準ずる神々も存在した。いまは地下や海底や異次元で眠っているかれらは復活のときを狙っている…。極地で見つかった謎の生物との壮絶な戦いを描いて三度も映画化された名作「遊星からの物体X」。映画『エイリアン』『プロメテウス』の原型にあたる「クトゥルフの呼び声」。さらに「恐怖の橋」「呪われた石碑」「魔女の帰還」などラムジー・キャンベルの未訳中短篇五本を収録した、待望のクトゥルフ神話アンソロジー。

訳あってクトゥルーもの2冊を再読。『暗黒神ダゴン』は読み返してもやっぱりよくわからない。解説もまたよくわからない感が出ていてなんだか煮え切らなかったり新鮮な切り口で強引に展開しちゃうところが素敵だ。細密な描写が続く様はロブ・グリエを読んでいるような眠気を催すものの、この語り口はホラーとしての雰囲気と親和性も高くけっして悪くはない。でもやっぱり最後まで読んでもよくわからず、いつかまた読むかもしれないなあとぼんやり思ったり。

『アーカム計画』は痒いところまで手の届くクトゥルーもの…といえば聞こえはよいが、悪く言ってしまえばやりすぎ感のある長編。しかしタイタス・クロウのシリーズを読んだ今となってはこれでも節度ある印象に。これ一冊でクトゥルー神話の諸々を理解できる…という面はあるものの、この題材に手を染める作家たちの備える精神性を思うに、これはやっぱりラヴクラフト作品を多く読み込んだ後に接すべき作品といえるだろう。

『クトゥルフ神話への招待 ~遊星からの物体X』は、映画の公開に併せてのJ・W・キャンベルJr.の新訳。と、それだけではボリュームに乏しいからか、ラヴクラフトの代表作一篇に、なぜかラムジー・キャンベルの緩い繋がりの連作5篇を収録。新訳で読める先の二作が嬉しいのは当然だが、それ以上に国内紹介の極めて少ないキャンベルの短編がまとめて5篇も読めることは思いがけない贈り物。短く軽い口当たりのものが多いが、マニアにとっての満足度は高い。


『追撃の森』 ジェフリー・ディーヴァー (文春文庫)

通報で森の別荘を訪れた女性保安官補ブリンを殺し屋の銃撃が襲った。逃げ場なし―現場で出会った女を連れ、ブリンは深い森を走る。時は深夜。無線なし。援軍も望めない。二人の女vs二人の殺し屋。暁の死線に向け、知力を駆使した戦いが始まる。襲撃、反撃、逆転、再逆転。天才作家が腕によりをかけて描く超緊迫サスペンス。

ディーヴァーもずいぶんと多作な作家で、シリーズ物もそうでないものも併せてこれだけ読んでくれば、出来の良し悪しという整理はどうしたってつけられてしまう。で、個人的にこの作品はやや落ちる部類。「やや」というのは大事なところで、いつものようにこれだけ捻りまくってどんでん返し返しのさらに返しとかやられたら面白くないはずもなく、あくまで他の忘れ難い作品と比べたら、ということ。

とはいえこの一見骨太そうなあらすじを読んでしまうと冒険小説的な味付けを求めることは避けられず、となると自然描写がことごとくスポイルされていたり、たとえ子供じみていようが燃える大義や、ご都合主義でもかまわない運命的なシチュエーションといった「らしさ」に対する期待の大きさはだんだん萎んでしまうことに。また小手先の器用さがそういった力強さとは相いれないようで、それは『獣たちの庭園』でも同様に感じたこと。なんとも贅沢な難癖とはわかっちゃいるが、こちらの舌を肥えさせたのはいつも美味しい料理ばかり提供してきた作者のせいにほかならないわけで。