Hatena::Grouphorror

coco's bloblog


17/06/22

[] 最近の顔ぶれ  最近の顔ぶれ - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  最近の顔ぶれ - coco's bloblog

いつもの湿地だけでなく、山道を走っていてもときおり咲いているササユリ。

f:id:COCO:20170617205532p:image


アメリカジガバチが現れた。

コクロアナバチと制空権争いをしている。

f:id:COCO:20170611194434p:image


黄昏どきのミツバチは黄金色。

f:id:COCO:20170611194328p:image


ハラアカハナバチの一種。これら腹の赤いハナバチは大抵寄生性。

f:id:COCO:20170617205413p:image


アザミに昼行性のスズメガの一種。

f:id:COCO:20170617205513p:image


ニワハンミョウはすっかり減ってしまった。

f:id:COCO:20170617205750p:image


蚊柱に突入してみる。

f:id:COCO:20170610210937p:image


池にはトノサマガエルの卵塊。

f:id:COCO:20170617210136p:image


黒光りする馬面のシリアゲ。

f:id:COCO:20170617205803p:image


山道を歩いていると、頭の上にコマルハナバチが落ちてきた。

f:id:COCO:20170617205809p:image


f:id:COCO:20170617205815p:image


いつも花壇にいるツユムシ。

f:id:COCO:20170610210956p:image

17/06/04

[] モリアオガエル空振り  モリアオガエル空振り - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  モリアオガエル空振り - coco's bloblog

f:id:COCO:20170604195637p:image


早朝から片道二時間走って山奥の池までモリアオガエルの産卵を観察に行ったが、今回も空振り。

やや遅れているようで、まだ卵隗一つだけ。

生体は見られず。鳴き声すらなし。

f:id:COCO:20170604195433p:image


帰りはいつもの湿地へ。

熟睡しているアマガエルを指先で起こしたときのきょとんとした顔が好き。

f:id:COCO:20170604195416p:image


池の畔の開けた地面にはコハナバチが営巣活動中。

f:id:COCO:20170604195407p:image


まだ天敵のツチスガリは見られず。

f:id:COCO:20170604195551p:image


たまに自分の巣孔を忘れるのか、他所の孔に入ってはびっくりして出てくるところが見られる。

f:id:COCO:20170604195545p:image


ここ数年樹液の出る樹が減ってしまったが、染み出ているところには何かしらいる。

f:id:COCO:20170604195654p:image


ヒラタクワガタのつがいだった。

捕まえたのは小学生の頃以来か。

f:id:COCO:20170604195646p:image


今日のお目当てその2、グンバイトンボ。

肢が白く軍配状に広がっているのがその名の由来。

f:id:COCO:20170604195538p:image


どこを走っていてもあちこちで草刈りをしていたが、この川も到着時には盛大に機械が入っていた。

心配だったが、午後見に行ってみるとそれなりの数が確認できた。

f:id:COCO:20170604195439p:image


f:id:COCO:20170604195532p:image


f:id:COCO:20170604195701p:image

17/05/14

[] 雨の翌日  雨の翌日 - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  雨の翌日 - coco's bloblog

f:id:COCO:20170514203316p:image


雨の日、またはその翌日にタマムシを見ることが多い。

なので今日ももしかしたら、と考えながら歩いているとやはりいた。

初見の黒く小さいタイプ。

肩口に金色の斑が入っているかと思ったが、これは樹の滓のようだ。

羽化して出てくるときに付着したものだろうか。

f:id:COCO:20170514203330p:image


翅を開くと中も金属光沢が美しい。

f:id:COCO:20170514203329p:image


曇りの中カワトンボの飛翔を狙うのは難しい。

これやハグロトンボの類は特に。

f:id:COCO:20170514203328p:image


f:id:COCO:20170514203327p:image


一方池にいるタベサナエは大変撮りやすい。

f:id:COCO:20170514203326p:image


f:id:COCO:20170514203325p:image


f:id:COCO:20170514203317p:image


ヤマサナエが増えていたが、まだ今日は池の上を飛んでくれず。

f:id:COCO:20170514203324p:image


ヒメアシナガコガネがふらふらと飛んだり降り立ったりしていた。

f:id:COCO:20170514203323p:image


踊るアリグモ。

f:id:COCO:20170514203321p:image


オオカマキリのお子。

f:id:COCO:20170514203320p:image


切株の上にニホントカゲ。

f:id:COCO:20170514203318p:image


ハッチョウトンボが出ていたが今日は撮らず。

もう少し色が乗ってからのほうがいい。

17/05/10

[] GW後半の生き物たち  GW後半の生き物たち - coco's bloblog を含むブックマーク はてなブックマーク -  GW後半の生き物たち - coco's bloblog

連休半ばに風邪をひいてしまい、後半は遠出できなかった。

なので家の周辺だけふらふらと散歩。

f:id:COCO:20170507162102p:image


藪にヒゲナガがの一種がたくさんいた。

f:id:COCO:20170504202614p:image


セグロアシナガバチ女王が川辺で水分補給していた。

f:id:COCO:20170504202615p:image


国産種を見かけない日でもタケクマバチはよく見る。

f:id:COCO:20170505144631p:image


ニッポンヒゲナガハナバチ♀。

今年は発生が遅かったせいか、この時期でも綺麗な♂が多い。

f:id:COCO:20170505144636p:image


f:id:COCO:20170505144635p:image


f:id:COCO:20170505202943p:image


コハナバチは何種類もいるが、同定できないものが多い。

f:id:COCO:20170505144638p:image


指に乗せると身繕いを始めなぜか花粉をぽろぽろ落してしまう。

これ実はよく見かける行動だが、理由は判らない。

f:id:COCO:20170507162101p:image


イマイツツハナバチが今年はとくに少ない。

f:id:COCO:20170505144639p:image


フタモンアシナガバチが巣作りしていた。

f:id:COCO:20170506175919p:image


人目に付きやすいところなので、これは近々撤去されてしまうだろう。

f:id:COCO:20170506175920p:image