Radio CON$ Horror!

|

2004-10-24

[][]「汝は人狼なりや?」プレイ記録 00:49

 今晩も本条村で惨劇が繰り広げられました!

 正しくは「ゴッゴル村」ですが。

 ログについてはお手数ですがここをご覧下さい。

 プレーヤーネームはネカマがやりたいなということで何となく「プリキ」にしてみました。日曜日なので………プリキュア!

 そしたら何と人狼だーーーーッ!

 吸血鬼ものとか人狼ものの海外ホラーが好きな私にとっては大興奮の展開。プリキュア人狼。

 相棒の人狼はペンギン研究室のかえるさん。かえるの皮をかぶった狼という萌ゆる展開になってまいりました。頑張って村人どもを根こそぎ食ってやりましょうぜ!

(もう解説するまでもありませんが、先日の日記の占い師ぼるびっくさんの中の人ですね)

 初日はかえるさんのプレイヤーネーム「夕顔」さんと似た名前の「汐凪」さんを食うなどマッタリ展開ですが、2日目に投票先を変えたという理由で早々に吊られてしまいました………あああ。日和見しにいっただけなのに。っていうか2日目投票結果、他にも変えている人いるじゃん。

 なんでネカマにしたかっていうと、いざというときに素を出すと信じられるかなぁという程度の稚拙な理由です。

 その2日目の夜に食ったマリアさんが狩人という事も知らず、惨劇の村の時間は止まらない。狂人松野さんのグッジョブ展開で、ついに村は村人が二人、狂人+人狼という四人になってしまいます。

 これはこの前日に本条さんが指摘していたルール上の問題なんですが、これだと二対二の投票になって収拾がつかないんですね。

 なので、GM権限で村人の勝利となりました。

 ログを見る上では、私が吊られる前にどうすればよかったか、吊られないようにするにはどうすればよかったか、食う順番は正しかったか、などに気をつけてご覧あれ。次は勝つぞ!

粂川粂川2004/10/25 01:10レポート、恐ろしく早いですね。
投票先については最多投票先に合わせるのであれば普通ですが、元々最多投票先に投票しているのに、もう一方に鞍替えするというのは不自然です。

cry_condorcry_condor2004/10/29 02:38コメントありがとうございます。投票先、やっぱ不自然ですね。気がつきませんでした………また手合わせお願いいたします。

2004-10-16

[][]本当に危ないところを見つけてしまった・・・ 18:52

まとめサイト:本当に危ないところを見つけてしまった・・・

 http://srv.orz.ne.jp/

 まあ、ご存知の方には今更っていう感じなのかもしれませんが、思わず読み込んで平日の更新時間を吹っ飛ばしてくれました。残業時間を長くした、というのは噂です。

 (「名前を付けてくれ。」より)

[][]「汝は人狼なりや?」プレイ記録 18:44

 こちらから、「はじめてのore.to村」の村人の戦いを見てください。

 cgiが変わったようで、いろいろと便利になりました。

 「ラカン」というキャラクター名で登録。デリダが亡くなったので、なんとなくです。

 今回のメンバーは16人! これで「妖狐」という職業が登場します。狐はすごいです。人間側でも人狼側でもどちらの勝利でもない場合、狐が勝利します。

 「アナタは人狼に殺されることはありません。ただし占われてしまうと死んでしまいます。村人を騙し、人狼を騙し、村を妖狐のものにするのです」(ルールより抜粋)

 これは面白くなってきたぞー。

 さあ参加、最初の夜です!

 いきなり食われました………。

 (ログ中、灰色になっているのが霊としての私の発言です。もちろん、死んだ人にしか見えないので、ここで「志村後ろ後ろ!」とかやって遊ぶわけです)

 ちなみに、狐は占われると死亡確定なので、占い師を吊ってしまうのはマズイんですね。偽者の占い師が出てきてわたわたしているのはそういう理由からです。あなたなら、どうやって偽者を見分けますか?

[][]クトゥルフ 18:34

 懐かしい?ゲーム『クトゥルフの呼び声』の話。あっ、今新装版が出ているんだった。あれ買わなきゃなぁ。

 でも、旧パッケージが美しいんですよね。賞とったやつ。実家に保存してあります。捨てられていなければ。あれ、部屋に飾っておこうかなぁ。

 それはそうと、知人のブログを見ていたらケイオシアムからラムジー・キャンベルのサプリメントが出ているらしい。知らなかったなぁ………。

2004-10-11

[][]「汝は人狼なりや?」プレイ記録 01:15

 まずはこのログから、「住所13番 八つ墓村」の村人の戦いをご覧下さい(「霊の談話」っていうのは死んじゃった人のチャットルーム)。あ、ログは下の方から時系列順に並んでいます。

 私は例の名義でやっております。

 いきなり無職ではなく「共有者」。

 うわー、何すればいいんだろうと思いつつ、一日目にCO(カミングアウト)。共有者はもう一人がわかる、という事で見てみると、その人(右クリックさん)は死んでいるじゃん!

 TNTさんがいきなり占い師CO。占った人が村人なのに、なぜ?という疑惑が生じる。その後ぼるびっくさんが占い師CO。本物はどっちだ!という中、

結局TNTさんが吊るし首に。ここまでで二日目が終了。

 三日目は最初にちょっと発言したものの、CO待ちコールであっという間に時間が過ぎていくのを恐れて後半だんまり。中野ひとみさんに投票したけど、人の事は言えないなぁ。自分の発言、意味ないのが多い………。

 共有者COするとなかなか投票には出てこない。人狼にとって、吊るし首になりそうな村人はほっといても死ぬんで、そうじゃない人を食うと思うんですが、なぜか食われない。占い師COしたうちの生き残り、ぼるびっくさんは狩人が守ると踏んで食いに行かなかったのかな。

 夜にあおさん(実は狂人)を食べてしまう人狼。

 四日目、自分の三日目投票でミスをしているのに気がつく。個人的には、最初に吊ったTNTさんが人狼と確証しているくせに、そのTNTさんを吊ろうと投票した中野ひとみさんが人狼のわけないじゃん! うわーバカ!

(いや、このゲーム、実は自己犠牲で勝利させるのがアリというのが肝なんですが、人狼一人で立ち回るというのはすごく辛そうな気がする)

 四日目の投票は悩みました。

 だんだんぼるびっくさんが怪しく見えてきた………つまり、「右クリックさん霊能者の可能性もあります。最悪のパターンは右クリックさん霊能者、TNTさん占い師、ぼるびっくさん人狼という構図」という事は考えていたのですが、結局この発言をしたミナモさん本人に、人狼の扇動と読んで投票。でもさ、人狼だったらその他の発言は必要ないよねぇ。

 五日目になんとそのミナモさんが人狼に食われているし!

 で、ここでまたミス発言があるんですが、それはログをご覧いただくとして、ぼるびっくさんが間違えて同じ人を二度占った、と発言。

 え………?

 そんなことってあるか?

 これで四日目の最悪疑惑構図が再浮上。

 しかし、一日目を思い出してぼるびっくさんが本当の占い師という事に賭けた。

 そして最後の三択ですが、ものの見事に野本さん、つまり人狼さんにだまされましたね………。五日目のまんまとしてやられている投票結果をご覧下さい。ああー。

 このゲームは難しいなぁ。またやろうと思うけど、平日早く家に帰らなくてはね。

[][]「汝は人狼なりや?」 00:35

 一番最初に知ったのはここだったかなあ。

 今いろいろな所で言及されているとは思うんですが、私が注目しているゲーム、「汝は人狼なりや?」について書いておきます。

 このゲームはもともとはテーブルゲームだったような気がするんですが、多人数の中で、会話をして誰が犯人(人狼)か?という事を当てるゲームです。

 このゲーム、設定が素晴らしい。

 人狼が村に2~3人いる、という設定なんですが、昼の部と夜の部に分かれていて、夜の部に人狼が話し合って一人を食ってしまう(昼間には食えない)。だけど、昼の部には村人たちが話し合って誰か一人をリンチして殺してしまう。

 そして村人には、仲間内で誰が人狼なのか全く解らない………。

 つまり、人狼と思って殺したのがただの村人だった、という事もあるわけです………。

 くわしい基礎講座として本条さんがいいまとめを作ってくれたのでそちらをまずはご覧下さい

[][]DEMENTO(デメント) 00:17

 これ、某ホラーグループ用に書いています。スゲー更新しなさっぷり。

 flying bed man10/8日記で知ったカプコンの新作ホラーゲーム『DEMENTO(デメント)』。

 古城脱出?ゲームみたいで、犬がいるというのがポイント高いです。

 公式PAGEはこちらです(音が鳴りますので、注意)。

 今のところ、大きな怪人?デビリタスしかいないんですが、今後恐怖のクリーチャー群が続々………って、それでは『サイレントヒル3』じゃあないですか。どんなゲームなんだろ、これ。戦うわけじゃあないしなぁ。

 今から楽しみにしています。

 

2004-09-14

[][]『ヴィレッジ』感想 01:40

 シャマラン監督の『サイン』を楽しんだ身としては今度の作品もそこそこのストライク。ネタはSFファンならすぐに解ると思うんですが(というか、もうそれしかないだろ!という伏線の張り具合)、調理の仕方が実に上手いので、気にはなりませんでした。何よりこのネタの映像作品というだけで、個人的には見る価値があります。

 『サイン』ほどの"びっくり箱"はない訳ですが、あれよりやや現実味を帯びたテーマだけに、途中に織り込まれた人間模様が効いてくるんですね。

 『サイン』では人間関係と物語性の「断絶」を掘り下げたところに妙があったんですが、今回は『シックス・センス』の頃に戻ったか、ちゃんとした叙述トリックの作品になっています。

 作家の綾辻行人が『シックス・センス』を観て「最初の10分でネタは割れるけどよくできている」と評したように、今回もネタより引き込みが強いタイプの作品………とくどくどと書いてきましたけど、ホラーファンとしてはもう少しでやっば違うのか?と思うところでした。

 というのも、「何か」の造形に目がいってしまって。

 クリーチャーがどうなのか、というのはホラー映画を押さえる上で欠かせない訳ですが、根がB級ホラーファンなので造形が多少トンチキでも目を見張ってしまうんですね。そこが逆にトリックになってしまってというか………あわわ、ネタバレになってしまうので、この話はここまで。

 同時に、ディストピア嗜好の身にとっては少々オチが物足りないなと思いつつも(最後に………ねぇ? そうなっているんだかと思いませんでした?)必見の秀作。

 ヒロインのアイヴィー・ウォーカー役をブライス・ダラス・ハワードという目線がちょっと狂気じみたイイ感じの女優が好演。何とロン・ハワードの娘さんなんですね。来年にはキチガイ監督ラース・フォン・トリアーの作品にも出演とかで、今後が楽しみです。

 キチガイといえば村のちょっとアレな人(重要)を演じたエイドリアン・ブロディもなかなかいい。

 予告編を観るならしっかり観て、観ないんなら全く観ない、という状態での鑑賞がオススメ。あ、パンフにはものすごいネタバレ満載なので、上映後まで全く観ないように。

2004-08-14

[]30秒で解る世界 01:54

 うう、ここも更新しないと、またホラーグループ長の指令が。

 井上主朗さんのPAGEから。

 30秒でわかるシャイニング(当然ネタバレあり)

http://www.angryalien.com/0504/shiningbunnies.html

|