Hatena::Grouphorror

ettyanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-06-28む、2日も書いてないか

ettyan20040628

でも何も読んでないしなあ。

何となく、今日思い出した映画

『パラダイム』ジョンカーペンター

悪魔を呼び出せるという緑の液体

それを研究する科学者

アリスクーパーがホームレスの格好で登場

そこで、映画は、突如終了。

不思議に心に残るおもしろくない映画なんだけどな。

パラダイムってなあに? パラダイムってなあに? - ettyanの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - パラダイムってなあに? - ettyanの日記 パラダイムってなあに? - ettyanの日記 のブックマークコメント

パラダイム Paradigm アメリカの科学史家クーンが、その著書「科学革命の構造」(1962)の中で提出した概念。

もともとはギリシャ語で「模範」や「範例」を意味する言葉に由来する。クーンはこの言葉を、その時代の科学者の集団や、

その科学者が属する社会の共通の思考の枠組みというような意味でもちいた。

クーンによれば、科学者は、その時代のその共同体の思考の枠組みの中で自然の研究をおこなう。

このため科学者は、そのような自然研究をおこなう前に、まず、

教科書、教師、科学啓蒙(けいもう)書などによってその共同体のパラダイムを学習しなければならない。

したがってこの考え方によれば、科学者が属する共同体や、科学者の専門集団が重要な意味をもってくる。

通常の科学者の営みは、その科学者集団のパラダイムにもとづき「パズル解き」をおこなうことであり、

パラダイムそのものを問うような根本的な探求はおこなわれない。

しかし、そのパラダイムでは処理できないことが多くあらわれると、科学は危機的状況をむかえ、一気に革命のような大転換がおこる。

これをクーンは「科学革命」とよび、天動説から地動説への転換や、ニュートン力学から相対性理論への変化などをあげる。

この考え方によれば、科学の歴史は、連続的に進歩していくのではなく、断続的に突然変化するということになる。

ポッパーなどほかの科学哲学者から、その概念があいまいだという批判をうけたのに対して、クーンはパラダイムを「学問母型」といいかえた。

しかし、パラダイムという言葉のほうがわかりやすく、

科学史だけではなく社会学や経済学などの多くの分野でさまざまにつかわれるようになっている

COCOCOCO2004/06/28 18:16パラダイム面白くないかな?私結構面白かった記憶があるけど。『マウス・オブ・マッドネス』と同じで終末っぽい絵が好き。

ettyanettyan2004/06/28 20:10言葉足らずだったかな。おもしろくないわけじゃないんだけど、もっとおもしろかったかな。

COCOCOCO2004/06/28 20:26あ、ところでこの画像、なぜamazonのリンク使わないのん?ラクチンなのに。

ettyanettyan2004/06/28 21:27ああ、それはねw、知らなかったからwどうやるんだ??w

COCOCOCO2004/06/29 12:37amazonで検索した書籍のASIN:21551121545とかをコピペ。その後ろに「:image」と打つだけ。コピペするときはたまに全角になってるときがあるので注意。あとスペースは入れないで。