Hatena::Grouphorror

ettyanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-16今日の最低気温16℃ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

天気が悪く朝から、大雨&雷で目が覚める

インベンを読む。

中編ぽい長さの2編を読み終えると後は、超短編らしい。

生と死に関わるお話が多く、朝から憂鬱な感じだw

「ツアンツァ   民俗学者と妻と干し首とか

「船旅      海に魅入られた青年

「亡霊      死後の魂の行方 これは、結構滅入る

「事例      様々なアングルから捉えた生と死についての事例

「身軽なペドロ」 病み上がりの男がどんどん身軽になっていく

「屋根裏の犯罪」 これも推理小説へのオマージュ

「空気と人間」  ちょいと不思議な短編

「水の死」    これもおもしろい見方

以下3短編は、戯曲風になっている。

「決定論者の妖精」

「授業」

「ファントマ人間を喰う」 

とりわけ中でも、かなり心が動かされたのは、「授業」と題された非常に短い掌編。これが、沁みた参ったな。ぐっときた。

かなりグロテスクな話も多いのに、このあっさり加減

逆にグロテスクな話題を取り上げていないのにこの滅入り加減は、

なかなかおもしろい。