Hatena::Grouphorror

ettyanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-10-29再版されたらしいので、買っておく(メモ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ウィリアム・テン短編集〈1〉 ウィリアム・テン短編集 (1) (創元SF文庫)

ウイリアム・テン / 中村保男 訳

初版:1973年03月23日

創元SF文庫(SFテ-3-1) 

税込903円(本体価格860円)

時間旅行技術が完成、初めての実験が行われたとき、現在にはなんの変化も生じないのか? 月旅行一番乗りに選ばれた青年は、地球に帰り着くときには宇宙線を浴びて不能になると告げられてどのような判断を下すのか? 優者の支配が終わりを告げ、平均人が支配者となった日の世界の運命は? 現代社会への痛烈な諷刺をこめた〈予言者〉、ユーモアとサスペンスあふれる短篇の名手が本領を発揮した傑作11編。訳者あとがき=中村保男/解説=牧眞司

●収録作品

「ノアの世代」

「ブルックリン計画」

「暗い星」

「非(ナル)P」

「針路を東へ!」

「ベテルギューズの橋」

「もう少し速くあるいてくれないか」

「それはかちり、かちりとちらついて終る」

「宇宙のリスボン」

「男性の反乱」