Hatena::Grouphorror

ettyanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-11「薪の結婚」読了

薪の結婚 (創元推理文庫)

薪の結婚 (創元推理文庫)

ジョナサン・キャロルの新刊読了。

想い出に値する出来事があるたびに木片を拾う。人生が終わりを迎えるとき、それを薪にして火を熾す――“薪の結婚”。

教えてくれたのは最愛の人。彼と住むこの館ですべては起きた。死亡した恋人の来訪、いるはずのない子どもたちの笑い声、知り得なかったわたしの"罪”。罪と罰、そして贖いの物語は、あらゆる想像を凌駕する結末を迎える。

鬼才キャロルにのみ許された超絶技巧!

読み終えて、未だにちゃんとした感想を書ける気がしない。ここ最近の落ち着いたキャロルに慣れていたから、ファイナルストライクにがくがくとゆさぶられました。

 

とりあえず、メモ程度で・・・

結末については、いろいろと話したいところ。

「蜂の巣にキス」

「薪の結婚」

「the wooden sea」

の3冊で、クレインズ・ビュー3部作になるとのこと。

フラニーマケイブが好き。

しかも、次は主役とのこと。

 

そして、浅羽 莢子さんがお亡くなりなったことも知りました。

古くはソーサリーのゲームブックから、読んでいました。

タニス・リー、ダイアナ・ウィンジョーンズ、もちろん、ジョナサン・キャロル。

ご冥福を祈ります。

キングは、ペシミストなのか キングは、ペシミストなのか - ettyanの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - キングは、ペシミストなのか - ettyanの日記 キングは、ペシミストなのか - ettyanの日記 のブックマークコメント

 

コネタンのところで、レスをしようと思ったら、長くなりそうなので、こちらで、まとめてからと思ったけど。

俺キングに詳しくない!

しかも未読あり!!!

「キャリー」

「ファイアースターター」

「クージョ」

読んでないからか?

 

 セルだって、きっと悲惨なエンディングだと思うけど、何か暗い暗いところに人間が立ち向かえるという希望もあると思って読んでいるんだけど。

 不眠症が一番すきかな。あの人間側の無力感とコズミックホラーにも匹敵する敵側の圧倒的な強さにさえ、愛だの友情だの思い出だの、一見陳腐なもので立ち向かおうとする姿勢があると思うんだけど・・・

 でも、個人的に一番すきなのは、「ニードフルシングス」だったりするので、やっぱりだめか・・・・

COCOCOCO2008/05/12 09:43『ミスト』の衝撃的な結末についてこれもキングらしいって声を多く目にしからさ、それ見てちょっと自分とは考え方が違うなって思って書いたのさ。
でも『セル』のラストは、私はハッピーエンドだと思ったよ。
んで、映画の『ミスト』はDVDが出たら絶対に観ておくれ。すごいよ。
キャロルの新刊は同じく感想書けない。中盤からの展開はちょっとどうかと思ったけど、まあなんというか、考えさせられもするけれど、どんどん売れるかどうか心配になるものばかり書いてるなあ、とか。

ettyanettyan2008/05/12 21:11うむ、ミスト見たくてしょうがないないないない(残響音含む)
でも、ミストとカタカナ表記にすると例のアドベンチャーゲーム思い出す。
あと、キャロルについては、ますます変な小説家というレッテルが張られそうでさあ。蜂の巣にキスだと売れそうなのにねえ・・・