Hatena::Grouphorror

ettyanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-03-11ハーモニー このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ベストセラー『虐殺器官』の著者による“最後”のオリジナル作品<br> 21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は見せかけの優しさと倫理が支配する“ユートピア”を築いていた。そんな社会に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した……。 それから13年後。死ねなかった少女・霧慧トァンは、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、ただひとり死んだはずだった友人の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。日本SF大賞受賞作。

おもしろかった。

完全なるユートピアが成立するのかぐらいの話だと思っていた。

もしくは、少女たちがユートピアから、反乱を起こして逃げるぐらいの。

全く違ったね。

人間の意識は何か、その崩壊までをステキな女の子の一人称で描いた作品。

全くもって、次がないのが何とも・・・

円城塔さんによる「屍者の帝国」をちょっと待ってみようかな。