Hatena::Grouphorror

アクセサメソッド - 本とか

2010-09-28

海猿3

| 02:18 | はてなブックマーク -  海猿3 - アクセサメソッド - 本とか

これは失敗。

いや、内容ではなく、3Dで観たこと。

元々暗いシーンが多いというのに、3Dメガネをかけると、もう何が何だかわからないシーンばかり。

そもそもこの映画、3Dにする必要は全くないって。

何でもかんでも3Dにすればいいものではない、といういい例。

2010-08-17

ソルト

| 00:44 | はてなブックマーク -  ソルト - アクセサメソッド - 本とか

アンジーの魅力爆発な映画。

設定はちょっと今どきありうるかなあ、とか思ってたら、実際にアメリカ国内でロシアのスパイが逮捕されたりして、なぜかタイムリーな映画になってしまった。

とにかく、最初から最後までアンジーのアクションを楽しむのが正しい鑑賞方法。

続編あるのかな。

2010-07-24

アルマズ・プロジェクト

| 00:10 | はてなブックマーク -  アルマズ・プロジェクト - アクセサメソッド - 本とか

2009年に公開された当時、観に行こうかどうしようか迷っているうちに終わってしまった映画。

先日、WOWOWで放映されたので鑑賞。

見終わって、「劇場で見なくてよかった」とつくづく思った。

設定はおもしろいけど、映像がこれじゃあダメでしょう。

謎が全く解かれないし、ストーリーに起伏がない。登場人物の誰にも感情移入できない。

そもそも何が起こったのかが映像から読み取れず、「○○が死んだ!」みたいなセリフでやっとわかるって、映画としてはダメダメでしょう。

ほとんど話題になってなかったわけがわかった気がする。

2010-07-20

プレデターズ

| 02:11 | はてなブックマーク -  プレデターズ - アクセサメソッド - 本とか

これは見なくては、と気合い入れていったものの、ちょっと肩すかし。

いや、十分に楽しめるし、過去シリーズへのオマージュも感じられておもしろいんだけど。

別に舞台を他の惑星にする必要はないんじゃないかなあ。

エイドリアン・ブロディをはじめ、俳優陣はなかなか味のある人ばかりで、特に、日本のヤクザの人は、しゃべたのは数語という、カリオストロの城における石川五右衛門状態なんだけど、迫力あってよかった。

ローレンス・フィッシュバーンは、もうちょっと見せ場を作ってもよかった気がする。

KeeshaKeesha2011/10/10 14:44Hahahaha. I'm not too bigrht today. Great post!

mwphggipfmwphggipf2011/10/11 21:413WBKGP <a href="http://wwbcjhgfizod.com/">wwbcjhgfizod</a>

ijyqvtmijyqvtm2011/10/12 18:13nzHSRl , [url=http://oimjcfxblmcj.com/]oimjcfxblmcj[/url], [link=http://qmzskzukgxue.com/]qmzskzukgxue[/link], http://vmnyivkzqvcu.com/

gwknxfgwknxf2011/10/14 20:22FkbuxG , [url=http://yazuoqwnllti.com/]yazuoqwnllti[/url], [link=http://eincsemiciur.com/]eincsemiciur[/link], http://egjkwsymvgyn.com/

MariaMaria2013/02/18 03:29A few years ago I'd have to pay seomone for this information.

ltzkbrltzkbr2013/02/19 01:03iIRtH2 <a href="http://eudxrzzfkpjs.com/">eudxrzzfkpjs</a>

dacgvidacgvi2013/02/21 17:25XplgBy , [url=http://fjboiuphfbse.com/]fjboiuphfbse[/url], [link=http://upsqqxcnkpjn.com/]upsqqxcnkpjn[/link], http://zbdtijfakiwu.com/

2010-06-12

サバイバル・オブ・ザ・デッド

| 22:36 | はてなブックマーク -  サバイバル・オブ・ザ・デッド - アクセサメソッド - 本とか

人間を食わないようにしつけるんだ。あの女ならそれができるかも

ロメロ監督のゾンビ映画第6弾。「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」と同じ状況の別の物語。

ダイアリー~」で、学生達から強盗を働いた州兵のチームが主役になる。

ふとしたことから、デラウェアプラム島が「ゾンビのいない場所」という情報を得て、一縷の望みを抱いてそこに向かう。

残念ながら、最初の三部作のようなドキドキ感、ワクワク感、衝撃などはない。「ゾンビ」や「死霊のえじき」は、それこそビデオテープがすりきれるほど何度も観たものだが、「ランド」も「ダイアリー」も「サバイバル」も無性に観たくなるという感じはない。

それでも、「ゾンビより厄介なのは人間のエゴ」というシリーズを貫くコンセプトは変わっていなくて、世界が崩壊しているというのに、無益な争いを繰り返す愚かさが皮肉をこめて描いている。

過去のシリーズを彷彿とさせるシーンも随所に挿入されているし、ゾンビの殺し方もいろいろバリエーションを見せてくれる。

とりあえず、ゾンビ映画ファンなら、一度ぐらいは観ておいても損はないかも。