リチャード・レイモン

リチャード・レイモン

元教師のインモラル・虐殺ホラー作家。

日本では、3作の長編が紹介されるに止まるが、そのヴァイオレンス加減と殺戮具合とインモラル具合がマニアにオオウケ。

一気にホラーおたくの神となったが、惜しくも逝去される。

未訳長編がかなりあるようだが、一体訳出されることがあるのだろうか・・・・

翻訳長編

『殺戮の<野獣館>』 The Cellar (1980)

『殺戮のキャンパス』 Flesh (1987)

『逆襲の<野獣館>』 The Beast House (1986)

短編集

「狩り」 扶桑社ミステリー

「裂け目」 扶桑社ミステリー

「湖の乙女」 扶桑社ミステリー

「森のレストラン」創元推理文庫 「死者たちの宴」

「ジョーに復讐を」

「浴槽(バスタブ)」詳伝社文庫 「喘ぐ血」

「出血者」 角川文庫

「わがままモニカ」

公式サイト

http://www.ains.net.au/~gerlach/rlaymon.htm  

* はてなダイアリーキーワード:リチャード・レイモン