たんぺんよむ

2006-07-03 (Mon)

[] 『喜三郎の憂鬱』 加門七海

大地震で記憶を失っていた私が久しぶりに実家のあった場所を訪れると、私と同じ名前で呼ばれている子供と暮らす母の姿を見つけた。

おれのことは覚えていないみたいだし、どういうこと? そいつはおれの生まれ変わり? まさか。とかいう感じの幻想的というかよく分からないぼんやりしたお話。タイトルどおり“恐怖”というより“憂鬱”。

悪くはないと思います。

BoyBoy2012/03/14 06:38Keep these articles coinmg as they've opened many new doors for me.

rugvofrugvof2012/03/14 16:374UAlG7 <a href="http://ogtaqkpeqqoy.com/">ogtaqkpeqqoy</a>