たんぺんよむ

2006-06-26 (Mon)

[] 『むかしむかしこわい未来がありました』 竹内志麻子

15歳の頃に一番嫌いだった同級生の男が植物状態になっており、会ったら何故か魅かれるけど、変な妹がでてきたりしてよくわかんない。

理路整然とした話では全然無いので、奇妙な雰囲気を楽しめばいいんでしょうが、とりとめのない話ですので限界はありましょう。

なんかこんなのを思い出したので探してきました。

他人の夢の話をきくのがツライ主な理由

  1. 論理性がないからスジをつかむのにやたらホネが折れる
  2. 細部にやたらこだわっていつ果てるとも知れない
  3. そもそも夢ってやつは個人的なものなので他人はまず興味が持てない

唐沢商会『能天気教養図鑑』より。

まぁ、こんな感じです。

[] 『こま』 皆川博子

校庭での上映会で弟が持っていた“こま”を担任の女教師の息子が奪おうとするので私はそのこまを彼の目につき刺したがそれはスクリーンの中の出来事かなんなのか。

前の『むかしむかしこわい未来がありました』と同じ感想ですね。

だからどうした。

2006-06-25 (Sun)

[] 『カフェ「水族館」』 速瀬れい

ガラスの向こうの時間が変だ、というような話。

冒頭の編者のコメントには「ダークな散文詩」とか書いてありますが……なんか話の導入で終わってしまったような感じで、だからどうした、というような感想しか持てないです。

[] 『「俊寛」抄-世阿弥という名の獄-』 朝松健

神になったんじゃないのかと世阿弥に失望する弟子の生涯。

歴史物で実在の人物を出すと、どうしても長めになってしまう傾向にありますね。そこそこ楽しめましたが、こういうオチにするとどうしてもありふれた印象を残してしまいますね。ダメとはいいませんが。

[] 『DRAIN』 籬讒贓

いつもと違う駅で降りたら自分も世界も分からなくなっちゃったっていう漫画。

ヨーロッパの方のコミックって感じ。自己言及的なお話であまり楽しくないです。目が覚めたら拍手して迎えてあげればいいんですかね。

iSHMAel@ku.comiSHMAel@ku.com2007/07/23 23:09autoharvest http://milfxxxpass.com#0 - milf hunter <a href=http://milfxxxpass.com#1>milf seeker</a> [URL=http://milfxxxpass.com#2] milf older[/URL] [http://milfxxxpass.com#3 milf seeker] [link]http://milfxxxpass.com#4[/link]

2006-06-12 (Mon)

[] 『後生車』 早見裕司

1999年の正月、中学の同級生からの年賀状が届き、自分たちが恐怖の大王に立ち向かう戦士だったことを思い出す。若気の至りだったかな……。

ぎりぎりまではなかなか雰囲気も良く楽しみましたが、えっ? それだけ? というオチ。なんかもったいないなぁ。

ちなみに“後生車”とはこんなのらしいです。

矢作の後生車

[] 『血脈』 北原尚彦

異常者だったという祖父の祖父の血が流れていると知り鬱々と過ごしていたある日、ある古書に載る呪文によってか自分が過去にいることに気づく。

ちょっと昔のロンドンの描写とかはともかく、たいしたアイデアの無い話ではあります。特に意外性も無く。

“****・スクエア”とか名前を伏せるのなら、固有名詞で書かなきゃいいと思うんですけど、なんか意味があるんですかね?

BumihagBumihag2012/09/02 00:28A mntuie saved is a minute earned, and this saved hours!

iilthuavjiilthuavj2012/09/02 05:35Z2NOko <a href="http://aujpysikkgdh.com/">aujpysikkgdh</a>

sfioroudqsfioroudq2012/09/03 15:49R21mFI , [url=http://afyaixjrdaha.com/]afyaixjrdaha[/url], [link=http://vejnumrhzlth.com/]vejnumrhzlth[/link], http://paanlzqwbrsu.com/

sptfnilsptfnil2012/09/04 06:53QCJmii <a href="http://fmmwwdihjdxm.com/">fmmwwdihjdxm</a>

gydbqkgydbqk2012/09/05 10:421NXSL8 , [url=http://gsbqkmjxklxh.com/]gsbqkmjxklxh[/url], [link=http://qfljauxkuvel.com/]qfljauxkuvel[/link], http://skactgivjyca.com/

2006-06-09 (Fri)

[] 『墓碑銘』 倉阪鬼一郎

よく分からない仕事をしている主人公が読む実話怪談小説の中の主人公が誰かが遺した恐ろしげな日記を読む。

ある墓碑に記される生年が没年より過去であることが気味が悪いなぁ何でだろう、というような内容ですが、イマイチよく分かりませんでした。ネタが。最後のアレも、まぁ、そのうちそうなるだろうねぇ、当然。という感想しか抱けなく……。

ReginaldoReginaldo2012/09/03 12:49Great atrclie, thank you again for writing.

cyiqhqxlcyiqhqxl2012/09/04 04:29schWgn <a href="http://nfntamkgejxl.com/">nfntamkgejxl</a>

obxygmjmobxygmjm2012/09/04 15:33NwEnAh , [url=http://gmqecigguatv.com/]gmqecigguatv[/url], [link=http://xxzhvsiswxor.com/]xxzhvsiswxor[/link], http://udknqhtanjvp.com/

sreezmmysreezmmy2012/09/05 12:26xnKEVb <a href="http://hvezxyhjgfqz.com/">hvezxyhjgfqz</a>

yjlhxmyjlhxm2012/09/06 02:00id296o , [url=http://vrpjhcckicfy.com/]vrpjhcckicfy[/url], [link=http://cuioprrappux.com/]cuioprrappux[/link], http://imhhrgmcgifp.com/

2006-06-08 (Thu)

[] 『石女の母』 山下定

子供の出来ない女として辛い思いをしてきた母が、養子である成人した息子に想う気持ちが時空を超える。

『あいつのタイムマシン』みたいなネタですね。無理が通れば道理が引っ込むみたいな、強烈な確信というか狂気というか。暗いストーリーとしっかりとした文章で読み応えはありますが、それほど目新しくもないかな、うん。