たんぺんよむ

2005-12-13 (Tue)

[] 『マッド・サイエンティスト』 スチュアート・デイヴィッド・シフ 編

1980年に出版されたアンソロジーということで少々地味目でしたかね。文学的というかケレン味が無いので、好みではありませんでした。

ラムジー・キャンベルとヴィリエ・ド・リラダンの作品が比較的楽しかったかな。


[] 『サルサパリラのにおい』 レイ・ブラッドベリ

トリはブラッドベリ。”サルサパリラ”ってなんだろうと思いググッてみました。ユリ科の植物で、梅毒に効果のあるハーブだそうです。

老年の男が屋根裏部屋で昔を懐かしむ。そんな夫に妻は理解が無い。

回顧的な若干ファンタジックな作品。

梅毒をうつされ妻のもとから去り病院へ行ったんですか?

iSHMAel@ku.comiSHMAel@ku.com2007/07/23 23:10autoharvest http://milfxxxpass.com#0 - milf next door <a href=http://milfxxxpass.com#1>milf next doors</a> [URL=http://milfxxxpass.com#2] milf hunter[/URL] [http://milfxxxpass.com#3 milf porn] [link]http://milfxxxpass.com#4[/link]

2005-12-12 (Mon)

[] 『庭の窪みで』 デーヴィッド・キャンプトン

身体の悪いところを直してくれる友達がいるという娘の言葉を、両親は空想だと思って信じない。

そんな話です。母親は料理が下手だということをあらん限りに描いているんですが、何の必要があったのかは分かりませんでした。歯に毛が生えた、という娘の言葉もあまり話しに繋がってきません。雑駁な作品です。

玩具修理者に途中で放り出されたみたいな感じ。

2005-12-11 (Sun)

[] 『最後の一線』 デニス・エチスン

ベッドで眠り続ける妻の目の中に細かく砕いたガラス片を入れる。

何故そんなことをするのだろうか? というのが牽引力になると思うのですが、あまり構成が良くないんじゃないかな。なんかもっと面白くなりそうなグロテスクなネタなんだけどなぁ。

作者後記があるのもしらけさせますね。

2005-12-10 (Sat)

[] 『ティンダロスの猟犬』 フランク・ベルナップ・ロング

ある薬を服用し時間を超えて知見を得るが、”何か”に見つかり捕らえられそうになる。

これは読んだことありますね。ラヴクラフト以外の者が記した初めてのクトゥルフ神話作品らしいです。へぇ。

いかにもクトゥルフでベーシックな作品。

”ティンダロスの猟犬”は90度以下の角度を成すあらゆる場所から現れるので注意が必要です。

2005-12-09 (Fri)

[] 『アーニス博士の手記』 ゲイアン・ウィルスン

寿命を伸ばす実験のせいで自殺せざるをえなくなる、というのは皮肉な話だ。

そんな短いお話。寿命が伸びることによる代償は何だったのか、というのがネタですね。で、自殺しようと。

光速に近づいて世界が止まってしまう、というような話をどこかで読んだような気がするけど何だったかな?

ettyanettyan2005/12/10 19:06たくさん気になる自動販売機ですが、90円のジュースというのが一番気になったりw
下の方のネット書店ですが、本当に危険です。特にamazonの古本を買い出すときりがなくなります。あれもこれもほしいです。わたしは転勤族なので、いつも妻ににらまれています。
しかも、殺戮とかホラーとかモンスターとかそういう本ばかりなので余計にねえ・・・

nanatakenanatake2005/12/11 12:30紙パックのもので90円なので、そんなに気にしなくてもいいと思いますよ。
そうか、Amazonは古本も買えましたね。便利だよなぁ。でもまだ踏ん切りがつかないのですよ。にらむ人もいないので利用しようかな。