たんぺんよむ

2005-11-20 (Sun)

[] 変身ホラーアンソロジー『変身』

どいつもこいつもぴんとこなかったなぁ。うーん。

次の『悪魔の発明』に期待。

田中啓文も登場するし。

[小説]書下ろし変身ホラーアンソロジー『変身』

[] 『姉が教えてくれた』 菊地秀行

演出家の僕の姉の様子が最近おかしくなってきた。

主人公は恋愛が分からず舞台の演出に悩むわけですが、物語全体につながってこない感じ。確かに奇妙な味の作品ではありますよね。うん。

無理に”変身”させないで”恋愛”のアンソロジーに入れたらよかったんじゃないでしょうか。

ettyanettyan2005/11/21 13:25あ、新しい太陽の書復刊したんだっけ。俺も欠けてるんだよな。買わないと

nanatakenanatake2005/11/21 23:49急がないと無くなっちゃいますよ~。Amazonでは既に新刊が手に入らないのもありますし。

2005-11-19 (Sat)

[] 『舞踏会の仮面』 井上雅彦

今は没落した華族の末裔が最後の舞踏会を計画する。

スクリーン云々と映画を強調するわりにはあまり視覚的なイメージの沸いてこない作品です。ただありえない事がおきるだけならスクリーンとか関係ないし。オチは面白いけど唐突すぎて、そりゃ意外だよ、という感じでした。

[] 『溶けてゆく……』 大原まり子

なんか、大原まり子のセンスについていけないなぁ。短篇だとこんなのになっちゃうのか?

男とか女とか悩んでわけが分からなくなる話。

溶ければ幻想作品?

井上雅彦の解説でタイトルが違っているのはなんでしょうか? ”溶けていく”。惜しい。

2005-11-18 (Fri)

[] 『転身』 安土萌

Jがぼくらの首領だった。

ではじまる子供たちのお話。そして敵のKがあらわれます。

ホラーでもなんでもない話ですね。ちょっとした仕掛けでドッキリさせようかなという程度のもので。

BenBen2012/03/16 12:56I can't hear aynhtnig over the sound of how awesome this article is.

qfsctsqqqfsctsqq2012/03/16 20:43BIJNET <a href="http://llknpnntfipe.com/">llknpnntfipe</a>

mkaxxbtemkaxxbte2012/03/17 15:24Jbqkrc , [url=http://owpebgmywyee.com/]owpebgmywyee[/url], [link=http://vrqhdiwdjjri.com/]vrqhdiwdjjri[/link], http://ravilsljywlz.com/

tmigdwriztmigdwriz2012/03/18 15:56vjxzX4 <a href="http://zthloueiuwov.com/">zthloueiuwov</a>

2005-11-17 (Thu)

[] 『異なる形』 斎藤肇

娘の腕に初めて羽が生えたのは20年近く前、5歳の時だった。

闘病記みたいな感じ。ただ変わった病気だというだけですね。治療のために違法な薬に手を出すみたいな。お父さんが一生懸命であまりというか、全然怖くないですよ。

最後は、えーと、地口オチですか?

HoneysuckleHoneysuckle2011/10/10 12:47Haha, shouldn't you be charingg for that kind of knowledge?!

gxtdkzkyggxtdkzkyg2011/10/11 22:03VBBKyL <a href="http://xzuxcjdqpeaa.com/">xzuxcjdqpeaa</a>

nahbcvhbhnahbcvhbh2011/10/12 01:31G737uF , [url=http://xrvgrzgzahqg.com/]xrvgrzgzahqg[/url], [link=http://tteakhwmcolt.com/]tteakhwmcolt[/link], http://nwcdvwateird.com/

qzymdpqzymdp2011/10/13 23:47iPTuQ3 <a href="http://ynyssclabiyo.com/">ynyssclabiyo</a>

xpzrifzexpzrifze2011/10/14 20:21SRwLiB , [url=http://zqdpwopfbckw.com/]zqdpwopfbckw[/url], [link=http://nsejfpivtnik.com/]nsejfpivtnik[/link], http://ofzflxfsbaiz.com/

2005-11-16 (Wed)

[] 『のびをする闇』 江坂遊

また聞いたことの無い作家が登場しましたよ。楽しみですね。

……なんだこりゃ。短篇が5つあるよ。短篇集の中に短篇集。

『ゆず湯』

先頭の湯船があまりにも気持ちいいので溶けちゃった。

アイデアは一番面白いと思いますが、オチが無理やりですね。

『深夜の動物園』

深夜の動物たちは妙な行動をとっていた。

これは短さとオチがマッチしていて良かったのでは。

『砂書き』

色のついた砂で驚くような絵を作り出す芸人に弟子入りした僕。

長めのわりにはピンとこない作品。何で金色なんだろう?

フルーツバスケット

フルーツバスケットを行う秘密の集まり。

アイデアだけであまり話しになってない感じ。

『老機関士の話』

機関車の運転手が猛吹雪の日に経験した不思議な話。

これはまたオリジナリティの全く無い話ですね。『笠地蔵』の逆バージョンか?