たんぺんよむ

2006-01-25 (Wed)

[] 『屍者の行進』 井上雅彦 監修

[小説]異形コレクションⅥ『屍者の行進』

期待のアンソロジーでしたが、まあやっぱり、出来は作品によってまちまち。

加門七海『虫すだく』

森奈津子『語る石』

岡本賢一『死にマル』

こんなところが印象に残ってます。

次は『チャイルド』ということで、それほど期待をせずに読み進めようかと思います。

[] 『ちょっと奇妙な』 菊地秀行

夫に逃げられたという隣に住む女性が今度引っ越すそうだ。

で、その女性がどこか妙なんだよね、という話。ただの奇妙なお話で、だからなんなんだという感じ。肉体的に死んでいることと精神的に死んでいることは全然違うことなので、悩む必要はないんじゃないかな。

2006-01-24 (Tue)

[] 『豊国祭の鐘』 朝松健

豊臣秀吉七回忌の法要の頃、中老・片桐且元が経験した怪異。

短篇のくせに歴史的解説がくどくどとなされるのはあまり好きではないのですよ。更に、歴史的知識があまり無いので、どこを楽しんだらいいのかよく分からないのですよ。

というわけで、面白くないというか、合わない作品でした。

2006-01-23 (Mon)

[] 『農園』 竹河聖

海外から郵送されてきた友人のノートにはカリブ海のある島で経験した恐るべき出来事が書き記されていた。

カリブ海といえばゾンビの原産地。旅先で立ち寄った村で警告されたにもかかわらず好奇心が猫を殺すという、至極基本に則った作品です。オーソドックスですがなかなか読ませますね。

HaroldHarold2012/03/13 22:02Articles like this really grease the shafts of knwoldgee.

vuvblccpxeivuvblccpxei2012/03/14 19:38dnMIkF , [url=http://blkgwemejmdy.com/]blkgwemejmdy[/url], [link=http://kbuyavjnzqgt.com/]kbuyavjnzqgt[/link], http://mkwnoqpgpwgi.com/

jmffynqwcajmffynqwca2012/03/15 19:32sSTL5Y <a href="http://leptwjdpzons.com/">leptwjdpzons</a>

nlnxzrlnlnxzrl2012/03/17 06:07oG4iML , [url=http://dwsomafsicuo.com/]dwsomafsicuo[/url], [link=http://lkmhbvdrrmhn.com/]lkmhbvdrrmhn[/link], http://gettbzfhqciq.com/

2006-01-22 (Sun)

[] 『青頭巾』 井上雅彦

青頭巾が家族から聞いた、ゾンビをネタにした小話がいくつか。

言うなれば“ゾンビワイン”と“ゾンビプロレス”と“蝉ゾンビ”。

都々逸みたい。もちろん小話を聞く青頭巾にもそれなりのオチが用意されているので楽しめました。それぞれの小話も、そこそこ楽しめましたよ。

2006-01-21 (Sat)

[] 『死にマル』 岡本賢一

11人の人間に死を願われたため、私は今日死者に選ばれた。

人が死ににくくなり、“人工調整処理省”なる組織が存在する世界の話ですね。半年毎にに一人15個の“死にマル”が割り当てられ、半年で11人から“死にマル”をつけられると社会的に死んだとこになるわけです。居酒屋で声がうるさかったり、つまらないギャグを言ったりして、人に不快感を与えることによって“死にマル”がいつの間にか付けられていると。怖いなぁ。

面白いです。岡本賢一には、今のところハズれがないですよ。

ettyanettyan2006/01/22 10:47まあ、そういわずに毎日書きましょう。読者もいるのでw

nanatakenanatake2006/01/23 03:32いちおう毎日短篇は読んでいるので、日を空けてしまうと、まとめて書かなければならなくなって、それが面倒臭いですね。夏休みの宿題がどんどんが溜まっていく感じです。